古里 幸子

古里 幸子
所属:セルフサポート事業課
入社年:2018年
勤務地:ここぷらす 出仲間

『ここ』の思いに感動しました!

発達障がいや知的障がいなど発達や緩やかな未就学児を対象に、身辺自立や社会性、認知・運動発達面に関して一人一人の発達段階に合わせた支援を行っています。主に運動発達を中心に支援しており、小集団での運動療法、ドイツ発祥のバルシューレを踏まえたボール運動療育を行っており、バランス・移動・操作の様々な基本動作を取り入れ、夢中になって遊んでいるうちに多様な動きが獲得できるよう支援をしています。また、運動発達だけでなく、遊びを通じて社会性や思考力、自発性も同時に身に付けられるよう支援を行っています。

一人一人の発達段階に合わせた支援を行うことで、スモールステップでも出来ることが増え“できた”という成功体験を経験することで自信に繋がる、成長の瞬間に立ち会えた時がとても嬉しいです。

児童発達支援といつ言葉を知り、何気なく見たホームページに掲載してある動画と『ここ』の思いがとても心に響きました。「どんなところだろう?」という興味からまずは見学に行き、実際の現場を見て、私も困っている子どもやそのご家族の良き理解者としてサポートしていきたいと思い児童の分野に進みました。職場は毎日笑顔で溢れていて笑いが絶えません。また、その日の役割や仕事の分担がしっかりしてあるので個人への負担が少なく、残業がほぼありません。上司や先輩と話しやすい環境である為、相談もしやすく仕事をプライベートが両立できます。また、月ごとの活動内容について話し合う療育内容会議や社内研修もあり、満足して頂けるサービスが提供できるよう、スキルアップもできる点も魅力です。

『気になるな・・・』『私にできるかな・・・』と考えるより、まずは見学に行き、実際の現場を見て感じて欲しいです。