甲斐 浩美

甲斐 浩美
所属:セルフサポート事業課
入社年:2017年
勤務地:ふぁみさぽここ 出仲間

熊本エリアの放課後等デイサービスと児童発達支援事業所全体のマネージャーとして運営などに関わる業務を行なっています。

子どもたちのために

以前は障がい者施設で生活支援員をしていました。その頃から幼児期からのサポートの積み重ねが大事だということも感じおり、次の職場は児童の療育に携わりたいと思っていました。
千広社員と知り合いだったということもあり、児童の療育に興味があると話をしたところ、千広でやってみないかと声をかけてもらい、それから入社しました。
以前からこういった施設で働いていましたが、初めての児童の療育施設ということもあり、入社当時はわくわくドキドキしていたことをとてもよく覚えています。
一日一日の療育がご利用者さまの成長に繋がり、日頃の声かけが実を結んで、出来なかったことが出来るようになる、そんな瞬間に立ち会えることが心からの喜びでもあり、私自身の成長にも繋がっています。

ご利用者さまとも、職員とも向き合う

もともとは療育の現場で一職員として働いていたのですが、今では熊本にいる約60名の職員のマネジメントをする立場へとステップアップしました。
療育の現場はもちろんですが、各事業所を巡回し職員と顔を合わせ話をすることで、みんながやりがいをもって働けるような職場を作りたいと思って動いています。
 
入職した時はすごく緊張していた職員が日に日に成長している様子を見たり、最初は「大丈夫かな?」と思っていた職員が主になって療育をし、ほかの職員との話の中で気づきを共有し、子ども達の成長・発達のために率先して取り組みを行ったり。そのような職員の成長を見ることができると、マネージャーとしてとても嬉しく感じています。もちろん、現場にいてご利用者さまの成長を身近に感じることにも、変わらずやりがいを感じてますよ。

私のスイッチを押してくれる

甲斐 浩美

入職当時から、千広は人を笑顔にしてくれる会社、そして社員を評価し認めてくれる会社だと思っています。前職も楽しくてやりがいがありましたが、当時は仕事に対する明確な目標を持てず、淡々と働いていたところがありました。安定した職場環境も良いですが、私自身何においても「変化」があることが大好きで、新しいことに挑戦することが好きでした。

千広は「こうしたい!」という思いを親身に聞いてくれたり、それが実現できるようにみんな協力してくれるので、自然と仕事のやる気スイッチがはいります。
とにかく仕事に行くのが楽しいです。働きながら私自身も大きく成長して、やりがいを感じています。
 
現在、熊本には児童発達支援、放課後等デイサービスの事業所が260以上ありますが、お陰様で、ふぁみさぽここや、ここぷらすの各事業所はキャンセル待ちでも利用を希望される方がいらっしゃいます。今後も、ご利用者満足を第一に考え、地域の方たちに選ばれる事業所として一緒に療育を行う仲間を増やしたいと思っています。
この仕事に興味を持たれた方は、どんな利用者の方がいて、スタッフがどんな業務をしているのかまずはぜひ見学や職場体験間近で見ていただくことをおすすめします。いい意味で療育のイメージのギャップを感じてください!