アーカイブ

1月13日(月・祝)えがお健康スタジアムで開催されました巻誠一郎選手の引退試合へ弊社代表の廣瀬を通じて巻選手よりご招待いただきました。
このご招待は、代表が会長を務めさせて頂いております「介護経営獅志之会」を通じ巻選手から引退試合へのご招待のお話しがありました。放課後等デイサービスふぁみさぽここの子どもたちに是非『本物に触れる機会を!』との熱い思いを受け止めて頂き、子どもたちがのびのびと観戦できる専用ゾーンをご用意して頂き観戦に行きました!

巻誠一郎引退試合のチラシ

当日は冬晴れでしたが、熊本は10℃と暖冬の割には寒い一日。
参加は放課後等デイサービスふぁみさぽここ(八王寺)、ふぁみさぽここ帯山、ふぁみさぽここ出仲間、ふぁみさぽここ日赤通り(令和元年10月OPEN!)のご利用者様約40名、スタッフ17名の60名弱。

13時のキックオフを迎え、寒い中10分程で「寒いけん、帰りたい!」と言い出す子供たちを予想していましたが、全員が観戦に夢中となり、元日本代表選手らの素晴らしいプレーを満喫できました。

プレー中子どもたちは、翌日声が枯れるほどの声で「がんばれ、ニッポン!」(両方日本チームでしたが・・・オリンピック観戦の練習!)と応援をし、もっと前で見たいと真剣なプレーに引き込まれました。

ハーフタイムのナオト・インティライミさんのライブでは「あと一曲いいかな?」の声掛けには思わず「お願い!!」と大きな声で応える場面も・・・

カイロを持っている子が他の人にも差し出し交代で温まっている様子など、『本物』に触れる事で、いつも以上に子どもたち自身の成長を感じる瞬間に職員は触れる事が出来ました。

子どもたちの笑顔や、保護者の方から、「自分たちだけでは経験させてあげることができない経験をふぁみさぽここを利用することで出来たことがよかったです」と感謝の言葉を頂けたことは職員は何よりもうれしかったことです。

関係者の皆さま本当にありがとうございました。
弊社企業理念にあります『ノーマライゼーションの理念を旨に』私たちは、子どもたちに寄り添い、子どもたちのありのままの姿を社会に受け入れて頂くことで、当たり前の幸せな瞬間をともに喜び、明日の成長につなげていこうと思っております。

ふぁみさぽここ祭屋台での様子
「当たりますように!」とお願いするおばあちゃん

晴天の中、放課後等デイサービス事業所ふぁみさぽここの3事業所(八王寺・出仲間・帯山)合同で夏祭りが開催されました。

参加希望のご利用者様が多数いらっしゃることから2日間に渡って行われます。
参加は両日で約160名。
企画など放課後等デイサービスの職員がすべて行います。また、今回は職員は甚平姿で盛り上げました。

祭を楽しむスタッフの写真
左から帯山、八王寺、出仲間の管理者

夏祭りの様子

最初は職員が出店担当でしたが、子どもたちの希望で急遽、子ども店長が出店に就任。
「いらっしゃいませ~、100%のジュースですよ~」「ひもクジはいかがですか~」「夏はかき氷ですよ~」と、こども店長の呼び声が響き渡ります。
出店には「児童発達支援ここぷらす」の子どもたちやご利用者様など、多くの方がお客様としていらっしゃいました。

ふぁみさぽここ祭の様子

セルフサポート事業課の活動

「児童発達支援ここぷらす」のご利用者様の中には、お子様が小学校へ入学する際に「放課後等デイサービス ふぁみさぽここ」のご利用を開始された方もいらっしゃいます。

セルフサポート事業課では、小学校入学に併せて放課後等デイサービスを利用される際の移行がスムーズに行われるよう、普段から皆で関われる機会を設けています。

出仲間の拠点(熊本市南区出仲間8丁目1番11号)は『子育て・介護サポートセンター ちひろ』としての役割が有ります。

一つの拠点に児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事業所・高齢者の地域密着型通所介護事業所が併設され、多世代の交流が図られることや、児童から高齢者までの療育や介護についてのご相談が出来る体制がとられています。

今回の夏祭りも交流の一環となり、暑い暑い夏を一緒に楽しむことが出来た2日間でした

かき氷の絵
児童発達支援事業のお子様から頂いた「おいしかったかき氷」の絵です。

子育て・介護サポートセンター ちひろ

ご相談・お問い合わせはこちらまで
電話番号 096-285-5825
メール kosodate-kaigo@chihiro-fukushi.jp
(担当:太田/山下)

セルフサポート事業課全体研修の様子

セルフサポート事業課(ふぁみさぽここ・ここぷらす)43名で、一日事業所を閉め全体研修を行いました。
全体研修は今回初の試みです。
社長の講話では、株式会社千広の職員として皆がベクトルを合わせ、ご利用者様の満足、そして働く私たちの幸福、それぞれが真意をもって追及していくことを改めて全員が共有しました。

ビジョントレーニング研修

ふぁみさぽここ、ここぷらすには障がいの有無にかかわらず、発達に課題を抱える子どもたちが来られています。
ビジョントレーニングでは視機能を高めることで子どもたちの、眼で見た色や形を頭の中でイメージする力、2つの眼を動かしてみる力、頭でイメージした通りに体を動かす力をバランスよく伸ばします。
6歳から13歳までの子どもたちはゴールデンエイジと言われトレーニングするには最適です。
私たちの事業所では、この時期に小松先生に関わって頂きながら、ビジョントレーニングを活動の中に取り入れ、子どもたちの困りに寄り添いながら、子どもたちの持っている力を伸ばすことが出来る支援を行うために今後もこのような勉強会を定期的に開いて行きたいと思っています。

虐待研修

社会福祉法人 三気の会 今池 一成様に講師となって頂き、障害児の虐待防止及び権利擁護について支援者の感情コントロールも含め、お話をいただきました。
相模原障害者施設殺傷事件に関する話も交えながら、支援者として障がいのある方への感情について、参加者で整理を行い、ふぁみさぽここ・ここぷらすのスタッフとしてどのように向き合っていくのか、グループワークを行い、お互いの意見から、新たな気づきを持つことができた時間となりました。

セルフサポート事業課には、保育士、幼稚園教諭、小学校・中学校教諭、学童経験者、そのほか介護や病院分野からの転職など、いろいろな経歴・経験を持っている職員が現在44名います。
それぞれの職員がこれまでの経験から得た知識をフル活用し、より専門的な療育を自信もって行って欲しいと
思っています。

職員には、今回の全体研修のほかにも、毎月一回の療育会議や、新入職員研修等、外部研修メニューも含め、キャリアアップのためのサポートメニューを豊富に準備しています。

今回の研修を受け、今後も一人ひとりの子どもたち・保護者の方に寄り添った支援を目指して行きます。

住宅型有料老人ホームピュアート良町にて、講師に桜十字病院から看護師長・口から食べるプロジェクト専従看護師の建山様にお越しいただき「誤嚥防止・食事介助のスキルアップセミナー」研修を実施しました。

ピュアート良町

私たちは、ご入居者様と関わる中で、様々な事をご支援させて頂いております。
その中でも特に、生活には欠かせない『食』に対する意識を高めていかなければならないと感じております。

私たちがご提供させて頂くサービスのクオリティが少しでも向上することで、より健康的に、より安心した生活を行っていただくことができると思います。

建山様には実践を交えながらご講義頂き、大変有意義な時間を過ごすことができました。
本当にお世話になりました!!

ピュアート良町にて講師の説明を熱心に聞くスタッフの様子

研修後のスタッフの感想

◎五感を使って介助するという事が出来ているところもあったが、「食器に触れる」など出来てないところもあったので今日から意識して介助をしようと思いました。

◎何をするにも五感が大事ということが分かった。

◎自分本位でやっていても利用者様は喜ばないので、相手の身になって介助することが大事と思った。

◎「利用者様の立場で食事をする」という体験をして利用者様の気持ちが分かったので、今日の研修を活かして食事介助をしていきたい。

熊本県社会福祉協議会様主催のイベント『福祉・介護人材合同面談会2019』に参加してまいりました

令和元年6月30日
株式会社 千広 ケアメディカル事業課は、社会福祉法人熊本県社会福祉協議会様主催のイベント『福祉・介護人材合同面談会2019』に参加してまいりました。

医療法人・社会福祉法人・一般企業延べ42法人、それとは別に6団体参加しており非常に活気のあるイベントでした。

当日弊社のブースへお立ち寄り頂いた皆様、そしてこの場を設けて下さった熊本県社会福祉協議会の皆様ありがとうございました。

ケアメディカル事業課は応募要項にございます通り、介護職・看護職・相談員(生活相談員・介護支援専門員)を随時募集しております。

施設の見学をお勧め、ご案内しておりますので、まずは申し込みフォームより是非エントリー・お問い合わせ下さい!弊社担当の三好よりご連絡をさせて頂きます!!

現在応募中の職種一覧