後藤 梓

後藤 梓
所属:セルフサポート事業課
入社年:2017年
勤務地:ここぷらす 出仲間
管理職として、施設のスタッフや日々の仕事のフォローをしたり、児童発達支援管理責任者として、お子さんを持つご家族にも寄り添い、お話を聞いて安心して通っていただけるようなケアなどを行なっております。

子育てと介護の経験が活きる

千広に入社する前は、別の施設で高齢者の介護をしていました。
息子が小学校にあがる際、発達の病気があることがわかり、それから療育の仕事に興味を持ちました。それまでは高齢者の介護の経験が長かったため、小さい子どもと接する仕事に不安がありましたが、それでも療育について勉強をしたかったので、すぐに面接を受けに行きました。
優しい上司や頼もしい先輩方のサポート、助言のおかげで成長できていると感じています。
 
挨拶が出来なかったお子さまが自分から挨拶をされたり、大人と目を合わせるのが苦手なお子さまがスタッフの目を見て会話をしてくれるようになったりと、日々の成長の瞬間に立ち会って、沢山の「できた」を共有できることとても嬉しく、それやりがいになり私の元気の源となっています。
また、ご家族さまとお話をしていると、お子さま以上に抱えている不安や悩みが本当にたくさんあるなと感じています。その際は丁寧にご相談内容を聞き、利用者となるお子さまにとってベストな支援計画を考える事にやりがいと責任を感じています。
また、お子さまだけでなく自身のご両親など、高齢者の介護もしなくてはいけない「ダブルケア」をされている年代の方も多く、そういった方には高齢者介護の経験をいかしたアドバイスや、ご家族さまを励ませるようなお声掛けをできるよう心がけてます。

仕事も家族も大事にできる

後藤 梓
千広は、スタッフ一人一人を大事にし、それぞれを認めてくれる会社です。
入社した頃はパートで時短勤務をしていました。それから頑張りを認めてもらい、この役職になりました。この役職に就いてからは、働く時間を少しずつ延ばして調整をしました。
勤務時間は基本的に8時半から17時半なのですが、家庭環境に合わせて8時から17時、と30分ずらしてもらっています。自分の家族に合わせて柔軟に対応してもらっていて、本当に助かっています。
子どもの病気の際も、すぐに休める体制でとても助かりました。
お子さまをもつ保護者の方は、安心して子育てのできる働きやすい環境だと思います。
さらに、「こうしたらもっと働きやすい」という相談や発言もしやすく、言っただけで終わらず解決に向けて協力してくれます。皆さん嫌な顔もせず、むしろ「もっと聞かせてね」というスタンスだったのでとても話しやすかったです。
 
今後は、利用者であるお子さま達とご家族さまが、「不安」ではなく「楽しみ」をもって就学を迎えて頂けるように、引き続きサポートをしていきたいです。
管理者としても、スタッフの頑張り・評価を正しくしっかりと会社に伝えられる存在でありたいです。
 
新しい会社に入社したり、新しい仕事を始める時は、誰でも不安な気持ちになる方がほとんどだと思います。何を勉強したらいいのかわからない、知識はどのくらい必要かと考えてしまいますよね。
これまでの経験や知識はきっとあなたの強みになります。さらに、千広はこれからのあなたを全力でサポートし、子ども達の成長発達を共に喜べる仲間としてあなたらしさを尊重し教育を行います。どうか安心して前向きな気持ちで来られてください。新しい仲間が増える事を楽しみに待っています!